学校長挨拶

 佐世保南高校は、戦後の混乱から復興の兆しを見せ始めた昭和24年、市内5つの高校を統合して新たに開校し、今年度創立74年目を迎える県下有数の伝統を誇ります。校訓「自彊自律」「和敬禮節」に込められた想いは「進んで自らを鍛え律し、他者には優しく礼儀正しく」であり、本校の前身である旧制佐世保中学校と高等女学校の校訓・教えが明治時代からそのまま引き継がれています。卒業生は3万人を超え、佐世保はもちろんのこと、日本だけでなく世界で活躍されており、まさに長崎県を代表する学校です。
 校内には緑も多く、四季折々に素晴らしい景色を醸してくれます。そんな環境の中で生徒たちは学習や行事・部活動など様々な活動に日々取り組んでいます。部活動では男子バレーボール部、女子バスケットボール部などは県内トップクラスの実力を持ち、文化部でも邦楽部が全国大会に出場するなど、多くの部活動で生徒たちの生き生きと活動する姿が見られます。また本校では令和5年度から進学重点学科として「文理探究科」を新設します。これまで以上に様々な体験をはじめとする魅力あるプログラムで、知的好奇心や探究心を刺激して、将来にわたり学び続ける生徒の育成を目指します。
 
 校訓である「自彊自律」「和敬禮節」の精神を受け継ぎ、道徳観、倫理観を持って社会に貢献し、将来、地域や日本を担い、リーダーとして活躍できる生徒を育てるために、職員はもちろんのこと、育友会、同窓会、そして地域の皆様と協力して教育活動に散り組んでまいります。
 
令和4年4月                        長崎県立佐世保南高等学校 第28代校長 古賀 巖